農園便り

Ka'u Coffee Festival

今日はKonaとは島の反対側のコーヒー産地のKa'uのコーヒーフェスティバルの最終日。コーヒーに関するセミナーが開催されたので、車で片道2時間かけて行きました。
「コナから来た」と言ったところ、「スパイか?」との答えが返ってきました。「違いますよ。ノウハウを盗みに来ただけですよ。ワハハハハ!」
セミナーは興味深い内容でした。もう、収穫が始まっている農園があってビックリ。(うちの今年の本格的な収穫シーズンは10月下旬からの予定)
http://kaucoffeefestival.com/japanese.html

≫ 続きを読む

2017/05/29   yamagishicoffee

桑名のCafe Kukka

先日、桑名のCafé Kukkaの御主人の伊藤さんが農園に視察に来られました。長いこと菓子を作ってこられた方で、食品・味覚のプロです。

うちの農園でナチュラル製法を試したところ、昨年はチェリーがカビて困ったという話をした所、カビ対策の方法を色々と教えていただきました。アルコール、塩、熱、乳酸菌など、色々な方法でカビに対処できるそうです。さすがはプロ。とてもありがたいアドバイスでした。来シーズンは色々と試してみたいと思います。

Café Kukkaでは、今月、私どものコーヒーを扱っています。自家焙煎のお店でミディアムとシティーの2通りの焙煎が楽しめるそうです。

お近くの方はお試しいただけると幸いです。

 

Café Kukka(カフェ クッカ)三重県 三重郡朝日町 白梅の丘東 1-1-1

https://tabelog.com/en/mie/A2402/A240203/24012720/

≫ 続きを読む

2017/05/06   yamagishicoffee

コーヒーの空輸 金髪は得の巻

4月上旬に日本への年に一度の出荷(空輸)を行った。例年、1~2月に収穫が終了し、乾燥したコーヒー(パーチメント)をしばらく寝かせて、3月に精製所でパーチメントの皮を割ってシルバースキンを取り除き生豆にする。サイズ別に選別し、比重選別機で比重の軽い豆や欠陥豆を取り除き、100ポンド(45キロ)の麻袋に入れる。

次に、麻袋を緑色のビニール袋を2重にして入れる。さらにそれを段ボール箱に詰め、それを木の台(パレット)に積み上げて飛行機で日本まで空輸する。

コナ空港で飛行機に載せる前に、USDA(米国農務省)と州政府の検査を受ける。それぞれの検査官が来て、豆の衛生状態や原産地やらの検査をして出荷の認可をもらう。

ビニール袋は州の法律。コーヒーはホノルル空港で別の飛行機に積み替えられる。ハワイ島にCBB(スペイン語でブロカ)という害虫が発生している。それが、ホノルル空港で積み替え中に麻袋から逃げ出し、オアフ島のコーヒー農園に拡散するのを防ぐための処置。最初はビニール袋一つだったが、昨年から2重にすることが義務化された。ところが、オアフ島には既に2年前からCBBの被害が広がっている。ビニール袋に入れる意味はないが、一度法律が作られると、なかなか廃止されないらしい。ビニール袋自体は生豆の保存に良いので、こちらとしては文句はないが、さすがに2重は余計だ。

出荷作業は力仕事できつい。荷物をトラックに載せ、降ろし、ビニール袋と箱に詰め、航空会社のオフィスの前まで持っていき、農務省と州の検査を受け、パレットに載せるなど、数時間にわたる大変な力作業。昨年はえらい目にあったので、今年は若者を雇い手伝ってもらい大助かりだった。

昨年は妻と二人でやった。空港の作業場は日差しが強く暑い。標高600mの畑とは5度くらい違う。炎天下のなか、ゼイゼイ息をあげながら、汗だくで作業。ところが、航空会社の係員は、見ているだけで全然手伝ってくれない。まあ、引き渡すまでは我々の責任だから仕方がない。私一人では重くて運べないので、妻も一緒になって何十箱も運ぶ。さすがに妻も私も腕と足腰がガタガタ震えて始めた。

それに加えて、箱の積み方が悪いと、係員たちは色々と文句をつけてくる。こっちだって、もう疲労困憊。色々言われてもやり直す力は残っていない。積み方が悪くて問題ならば、少しは手伝ってくれても良さそうなもの。すがるような眼で彼らを見上げても、職場の仲間と楽しそうに世間話をしているだけ。

すると、隣にピックアップトラックが止まった。運転席から金髪ミニスカートの若い美女が降りて来た。荷台には見たところ5キロ程度の箱が10個くらい置いてある。

汗だくの我々は「あんな軽い箱だったら楽でいいなあ、でも、あのミニスカートでどうやって荷台に登るんだろう?」と眺めていたが、彼女は「リンダ困っちゃう」みたいな感じでたたずむばかり。すると、航空会社のオフィスから若い男たちが4人も飛び出してきた。他にもこんなにスタッフがいたとは知らなかった。彼らは嬉しそうに”Let me help you”と、あっという間に全部運び去ってしまった。金髪美女は”Oh, Thank you!”と舌っ足らずな鼻声で甘えながら若者に囲まれて涼しい顔。若者たちも金髪に力こぶを誇示しながら嬉しそう。

それを見ていたうちの妻、金髪が去った後、普段よりも一オクターブも高く声をひっくり返して、若者たちの前で”Mmmm—Heavyyyy”と言ってみた。しかし、ついぞ、手伝ってくれることはなかった。この国では絶対に金髪は得だ。

≫ 続きを読む

2017/05/01   yamagishicoffee

雑誌「珈琲と文化」に拙稿「コーヒーの収穫と唄声」が掲載されました

日本の銀行に勤めていた若い頃、上司がカラオケ好きで、金曜日ともなると朝の5時までお供した。私は歌が下手なので正直つらかった。当時はカラオケボックスなどない。他のグループの人の同席。他人の下手な歌を我慢して聴く上、褒めちぎって盛り上げねばならぬ。迷惑な話だ。

我慢して聞いている分には恥をかかずに済むので、隅で目立たぬようにしていると、「君も歌いなさい」と順番が回ってくる。万事休す。だが、こっちもサラリーマンの端くれ、固辞して座を白けさせる訳にはいかない。勇気を出して歌うことになる。恥ずかしさに酒が進む。さらに、2回3回と順番が回ってくる。「も~勘弁してください」と断りつつも、酒の勢いを借りてマイクを握ると、不思議なもので、だんだん気持ちがよくなる。仕舞には、ネクタイを頭に巻いて大騒ぎ。朝まで調子外れに歌いまくり、他人様に大迷惑を掛ける側に回る羽目になる。あれはよくない。

 

「流れくる 若き唄声 コナ休暇」コナの図書館でこの句を見つけた。かつて(1932~1969年)コナの小中高校では、コーヒーの収穫に合わせて、9~11月を夏休みとしていた。ハワイでもコナ地区だけ。これをコナ休暇と呼び、子供は5歳になると、大人に混じってコーヒー畑で働いた。この句は、家族総出の厳しい農作業を少しでも楽しくするために歌を歌った光景を詠んでいる。聞こえてくるのは、2世・3世の子供たちが歌う日本の童謡だろう。

確かに、現在80歳以上の日系3世は、日本の古い歌や民謡、童謡、演歌をよく知っている。両親・祖父母から畑で習ったそうだ。日系人のパーティーでは、興がのると、ウクレレが登場し、畑で覚えた日本の歌を老人たちが懐かしそうに歌う。中にはパパイアやココナッツの登場するハワイ風にアレンジした、へんてこな替え歌もある。若い世代は「何これ?」と首を傾げるが、歌っている当人たちは大笑いで、昔話で盛り上がる。さらには90歳の長老から「もっと、テンポ速く歌わんとコーヒー速くもげんぞ」と日本語で野次が飛んだりする(日系人はコーヒーを「摘む」ではなく、「もぐ」と言う)。

 

今や農業は機械化が進んだ。米国本土の農業は大規模化し、効率的に工業的な生産がなされる。日本の稲作も、田植えや稲刈りの風景は昔とは様変わり。機械化で農作業は格段に楽になった。ハワイ州のコーヒーにしても、マウイ島、オアフ島、カウアイ島のコーヒー農園は機械で収穫を行う。

しかし、コナのコーヒー収穫方法は100年前と変わらない。運搬がロバからトラックに変わったくらいで、収穫は相変わらず人の手でひとつひとつ摘み取る。山の斜面には収獲用の重機は入らない。そもそも、良質のコーヒーを生産するには手摘みでないと無理。

一説によると世界では3,000万人もの人がコーヒーを摘んでいるらしい。こんなにも多くの人数が生産に携わっている商品が他にあるだろうか。恐ろしく前近代的で労働集約的だが、良質なものを作るにはそうせざるを得ない。そういう作物なのだ。

 

現代のコナの日系人は4世・5世が中心。日系人は社会進出を果たし、生活をコーヒーに頼らずとも良くなった。先祖の苦労話を聞いて育った彼らには、もはやコーヒーは貧困の象徴。また、児童福祉の観点から9~11月のコナ休暇は半世紀も前に廃止された。日系人の家族総出の作業は消え、日本語の唄声もコーヒー農園からは消えていった。

日系人に代わって、現代の収穫はフィリピンやメキシコや中南米出身の労働者が行う。普段、米国本土で働いている彼らは、冬の収穫時期になるとコナに出稼ぎに来る。

彼らの中には、哲学者風に真面目な顔で摘んでいる人もいれば、陽気に仲間を笑わせながら摘んでいる人もいる。フィリピン人の摘む畑では、コーヒーの樹の向こうからタガログ語のラジオ放送で「いとしのエリー」が聞こえてくる。どうやら、「Honey, my love, so sweet♪」と、歌詞がエリーからハニーに変えられている。

メキシコ人の畑からは、スペイン語の歌声。畑のこっちから若者が1小節歌うと、向こうからそれを受けて、誰かが、また1小節続ける。そして、ゲラゲラ笑い、陽気に収穫作業が進行する。私にはチンプンカンプンだが、スペイン語の分かる妻によると、あの娘が可愛いとか、いやいや、あっちの娘の方が可愛い、など知り合いの女性たちの噂話を替え歌にしているらしい。

しばらくすると、宗教の時間が始まる。神父の説教がラジオから響く。皆、しわぶきひとつせずに黙々と聞き入りながら摘み続ける。神父の声と鳥の鳴き声以外は静寂が畑を包む。一時間もすると、また賑やかな音楽。「あの子は僕の心を奪っていったー♪」さすがラテン系だ。

 

数年前の大晦日のNHK紅白での美輪明宏の「ヨイトマケの唄」は圧巻だったが、労働者の歌は日本に残っているのだろうか。日本人は何百年もの間、田植えや稲刈りの合間に歌ってきた。炭鉱や金山にも歌があった。民謡の起源だろう。

室町時代の屏風絵には田植えの横で田楽を踊っているものがある。(「月次風俗図屏風」 東京国立博物館)。コーヒー摘みだって、昔の田植えだって、歌でもなけりゃ、辛くてやってらんねぇーだろう。そもそも、田楽とは田植えに合わせて歌い踊るものが起源らしい。豆腐やこんにゃくの味噌焼きのことかと思っていた。

現代の水田では、田植え機やコンバインで、一人でドドドドドーとエンジン音を聞いているうちに作業は終了。皆で歌う暇などない。自動車工場のラインで歌に合わせて「エーンヤコーラ」と自動車を組み立てているとは思えない。丸の内のオフィスで業務中に「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ~」と植木等のように歌ったら、たとえ上司がその通りと納得していても、一応、叱られるだろう。

効率化が進むにつれ、労働の場から歌は消えていった。歌を失った我々は、代わりに仕事帰りにカラオケに通うこととなった。カラオケこそ田植え歌の嫡流、保守本流だ。だから、サラリーマンは手ぬぐいの代わりにネクタイを頭に巻いて歌うのだ。

≫ 続きを読む

2017/04/12   yamagishicoffee

コナスノー(コーヒーの開花)

201704 flower2.jpg

201704 flowr3.jpg

今年3度目の大きな開花。畑はミツバチのブーンという羽音が響く。
今年の主な開花は2月第3週と3月第3週と今週。収穫はそれぞれ8か月後。
10月第3週、11月第3週と12月第2週が収獲のピークになりそう。

≫ 続きを読む

2017/04/09   yamagishicoffee

コーヒーの出荷

201704 shipping1.jpg201704 shipping2.jpg201704 shipping4.jpg201704 shipping5.jpg

2016-17年分の生豆を日本へ空輸した。

生豆を100ポンド入りの麻袋に入れて、それを気密性のビニール袋(2重)に入れ、さらに箱詰め。

次に、USDA(連邦政府の農務省)と州政府の検査を受ける。それぞれの検査官が来て、豆の衛生状態やら原産地やらの検査をして出荷の認可をもらう。

そして、箱を木の台(パレット)の上に積み上げ、飛行機に載せる。

この作業は重い荷物をトラックに載せ、降ろし、箱に詰め、台に載せるなど、3時間以上の大変な力作業。今年は若者に手伝ってもらい大助かり。

美味しいコーヒーが届きますように。

≫ 続きを読む

2017/04/06   yamagishicoffee

コーヒー畑の七面鳥(繁殖の季節)

201603 turkey.jpg201704 turkey2.jpg

うちのコーヒー畑には野生の七面鳥がいる。その中のオスの一羽がよく鳴きわめき騒々しい。なぜかうちの妻はドナルド・トランプと呼ぶ。オス同士の喧嘩で、トランプ氏は相手の頭に噛み付いて攻撃する。危険な奴だ。でも、鏡に映った自分の姿に攻撃を仕掛けて体当たり。なるほど、英語でTurkeyと言えば間抜けの代名詞。

今は繁殖の季節。オスは体を膨らませてメスの前でアピール。胸を膨らませて、どういう仕組みか、「ボン!」と音を発する。メスへのアピールか、それとも他のオスへの威嚇なのか。プラスチックのバケツをひっくり返して、底を叩くと似たような音がする。試しに叩くと、新たなオスの出現と勘違いするのか、近くのオスが「ゴボゴボー」と鳴いて威嚇してくる。面白いから何度も叩いてトランプ氏をからかう。やっぱり、オスは間抜けだ。

やがて産卵。雑草の茂った所で卵を抱く。芝刈り機で雑草を刈っていると、突然、卵を抱えたメスが目の前に現れる。慌てて芝刈り機を急停止。向こうも相当ビックリしている様子だが、卵から離れようとしない。メスはあっぱれな心掛け。

やがて卵が孵る。メスがよちよち歩きの雛を10羽ほど連れて畑を行進する姿を畑のあちらこちらで見かける。草刈り中に偶然遭遇すると、雛たちは四方八方へ一目散に逃げる。一家はバラバラ。雛たちは「ピーピー」と母親に自分の場所をアピール。芝刈り機を止めて鳴き声を聞こえやすくしてやると、やがて母親は安全な場所を確保して、「クワッ、クワッ」と自分の居場所を知らせ、雛を一羽づつ回収する。そして、また家族で行進。一方、オスは一切子育てをしない。

うっかり近づきすぎると、母親の怒りを買う。「シー」とすごい音を立てながら飛び上がり人の頭をつついてくる。逃げても、20~30メートル先まで追いかけてくる。10倍以上も体の大きい人間に襲い掛かるのだから、母親は肝が据わっている。

それでも、生存競争は厳しい。10羽の雛は、翌週には9羽、翌々週には8羽という具合に徐々に減り、最後には2羽くらいしか残らない。畑にはマングースが徘徊し、上空には「ピー」と鷹が旋回する。足の悪いメスがいて、毎年、片足を引きずりながら雛を連れるが、十分守れない。気の毒だが彼女の雛たちは育たない。今週は既に4羽に減った。

オスたちは相変わらず体を膨らませてメスを追いかけまわすが、雛を連れたメスは、明らかに嫌がる。あまりしつこいと、自分よりも一回りも大きなオスをつつき回して撃退する。子育て中の女は恋人には向かない。

畑には常に20羽以上いるが、一昨年の11月の感謝祭の日に3羽に減った。米国では感謝祭に七面鳥を食べる。誰かが侵入して鉄砲で仕留めたのではと疑っている。ところで、残った3羽はすべてメス。食えん女なんだろう。

感謝祭の翌日は年末セールの初日。各店割引をするので一年で最も売り上げが多い日。昨年も一昨年もこの日には、全米で拳銃の一日の売り上げの新記録を更新したそうだ。

やれやれ。

 

≫ 続きを読む

2017/04/02   yamagishicoffee

Mottainai-物を大切に

201703 bucket2.jpg

コーヒーの精製所にて。壊れても使う。
Mottainaiの精神がこんなところに引き継がれている。
「もったいない」はアメリカにそういう概念がないので、英語の訳語がない。日系人の島ハワイ島ではその概念が残っており、Mottainaiという言葉が使われる。

≫ 続きを読む

2017/03/25   yamagishicoffee

コーヒーの花のお茶

焙煎士をしている友人がコーヒーの花を摘みに来た。

コーヒーの花でお茶を作るらしい。

なんでも、彼女の友人はそれを本格的にやっていて、4月のSeattleでのSCAAのコンファレンスにコーヒーの花のお茶を出品するそうだ。(うちの畑の花ではありません。念のため。)

≫ 続きを読む

2017/03/21   yamagishicoffee

コーヒーの花とミツバチ

201703 flower1.jpg

また明日にはコーヒーの花が咲く。

待ちきれないミツバチ。つぼみをこじ開ける。

1匹目は花粉を採取中(後ろ足に花粉玉)。2匹目は蜜を採取中。

≫ 続きを読む

2017/03/18   yamagishicoffee