農園便り

コーヒー栽培にノーベル賞理論を応用 でも大失敗。。。

今年のノーベル経済学賞にMITのベント・ホルムストロム教授が選ばれた。私のイェール大留学時代の恩師だ。めでたしめでたし。当時イェール大学にはPrincipal-Agent理論の研究者が集まり、彼もその中心的人物だった。

経済主体をPrincipal(依頼人)とAgent(代理人)に分けて考えると、代理人は依頼人に雇われたにもかかわらず、依頼人の利益よりも自らの利益を優先することがある。例として、経営者と労働者、株主と経営者、企業と委託先、政治家と官僚、国民と政治家など、様々なケースで代理人が依頼人の利益を犠牲にする行動をとる問題が発生する。代理人が依頼人の利益に沿って行動するような仕組みを考えるのがこの分野のテーマだ。

コーヒー農園主がピッカー(コーヒー収穫する人)を雇う際にも悩ましい問題がある。私は良いコーヒーを作るのが目標。そのためにはコーヒーをきれいに摘むのが重要。一方、ピッカーの多くは米本土からこの時期3か月間のみコナに渡ってくる季節労働者で、たくさん摘んで稼ぐのが目的。丁寧に摘んでなんかはいられない。目標が違う。

年初に、あるピッカーのグループのリーダーが何故うちの畑は害虫の被害がコナで一番少ないのか尋ねて来た。丁寧に摘むことが健康な畑の秘訣と説明すると、ぜひこの畑で摘みたいと言う。品質を重視する彼女の発言が気に入り彼女のグループを雇った。シーズンが始まると彼女はアメリカ本土からの季節労働者を集めて連れて来た。

シーズンの最初は赤く熟した実が少ないので早く摘めない。そこで、時間給で払った。すると私が一日100ポンド程度摘むのに、彼女らは40ポンドぐらいしか摘まない。お喋りしながらのんびりと楽しくという感じだ。これはいかん。

次に摘んだ重さで支払った。ただし、他の農園の5割増しの賃金を出すので私と同じように丁寧に摘むよう頼んだ。ところが、日に日に人数が減り、誰も来なくなった。他の農園では丁寧さは要求されない。うちの農園の倍の量を摘めて、その方が得というのが理由。うちの農園が品質重視なのはわかるが、生活がかかっているので無理と言われた。品質を顧みない心ないピッカーとの評価はできない。彼女らだって生きていくのに必死だ。

他のグループを雇おうにも既に各農園が囲い込んでいるので今さら無理。仕方なく、私と妻の2人で夜明けから日暮れまで摘み続ける毎日だ。泣きながらの作業となった。

Principal-Agent理論では、農園主はこういう問題を解決するような雇用・契約形態を考えなければならない。もちろん私だって考えてはいる。実はこの2年間、メキシコ人のJ氏を雇った。彼をパートナーとして扱い、年間の利益を分配する約束をしていた。(実際には創業以来8年間赤字続きなので、彼の働きに応じてボーナスを支払った。)

さらに、彼の為に2ヘクタールのノニ畑を買った。床面積200㎡の立派な家付きだ。ノニは夏、コーヒーは冬が忙しい。良い組み合わせだ。彼には年間を通しての雇用を保障し、タダで家を提供し、その上、利益を分配する約束もした。生活は保障したうえで、質の良いものを作れば彼の収入も増える仕組みだ。ここに彼と私の利害は一致した。ホルムストロム教授に褒めてもらえそうなエージェンシー問題の解決方法だ。

ところが、J氏の兄が亡くなり、彼はメキシコへ帰国してしまった。兄の経営する先祖伝来の牧場を引き継ぐらしい。そこで、急遽、例のグループを雇って、そういう顛末になった。ここまで尽くしたのに彼は帰ってこない。問題解決になっていない。ノーベル賞の理論じゃないのか?まさか答えは風に吹かれているというのが今年のオチか?

ああ、新しいパートナーを探さなければ。そんなことより、とりあえずコーヒー摘まなきゃ。苦し~!  

≫ 続きを読む

2016/11/01   yamagishicoffee

伊勢丹さんのFOODIEに紹介されました

http://mi-journey.jp/foodie/28821/

 

≫ 続きを読む

2016/10/17   yamagishicoffee

10月のコーヒー農家の一日

5時起床 朝食コーヒー他

6時 コーヒー摘み開始。

201610 cherry.jpg

11時半 昼食15分コーヒー他

5時半 コーヒー摘み終了 トラックへ積み込み精製所へ運ぶ

201610 cherry2.jpg

7時  夕食

8時  入浴 コーヒー入り入浴剤

201610 bath1.jpg

201610 bath2.jpg

8時半 就寝

朝から晩までコーヒー漬けじゃ!

≫ 続きを読む

2016/10/09   yamagishicoffee

珈琲と文化・秋号の原稿を転載します(Qグレーダーの試験)

6月にホノルルへ行き、Coffee Quality Instituteが主催する3日間の研修と、それに続く3日間に渡る22の試験を受けて、妻と揃ってLicensed Q Graderの資格を取った。

コーヒーのカッピング(官能評価)の技術を測るもので、合格するとSCAA(Specialty Coffee Association of America)の評価基準・手順に従って、コーヒーに点数をつける資格を持つ。

 SCAAのカッピング基準はコーヒーの香味の多くの要素を客観的に評価することにより、コーヒーに関する共通の言語を発展させ、スペシャリティーコーヒーの普及に貢献した。また、カッピングは短時間に多くのコーヒーを評価でき、流通段階に携わる人々には便利な手法だ。

 流通業者ではない私には興味深い経験となった。私はコーヒーを飲む際に生産者あるいは消費者としての観点から嗜む。カッピング形式では飲まないし、評価基準も違う。

私の好きなコーヒーは雑味のないコーヒー。マグカップ一杯を30分程かけてゆっくり飲んでも、苦みや渋みやえぐみを感じないクリーンな余韻の残るコーヒー。口に残った雑味を消すために何かを口にせずにはいられない、あるいは歯を磨きたくなるようなコーヒーは感心しない。

しかし、この感覚はカッピングでは上手く感知できない。複数のコーヒーを次々と口に吸いこんで数秒で吐き出すことを繰り返すカッピングでは、一杯のコーヒーが時間をかけて口の中に雑味を累積して醸し出す不快な余韻を捕らえられない。たとえ私がカッピングをして、華やかな酸味と甘みが気に入り高い点数を付けても、それを、翌朝30分かけて飲むと、口の中に渋みが溜まってガッカリすることが多い。私が好きなコーヒーはカッピングで高得点のコーヒーとは違う。

私の評価法は全くの自己流だが、あながち的外れとは思えない。第一に世間にはコーヒーを飲めない人が多い。また、多くの人がコーヒーに砂糖やミルクを入れる。それは口の中に溜まっていく雑味が嫌だからだ。決してSCAAの評価項目、例えば、この酸味が気に入らないから、あるいはこのコクが気に入らないから砂糖を入れるという訳ではない。それほど、苦みや渋みやえぐみは人々をコーヒーから遠ざける重要な項目だ。

第二にそれが農家の努力を反映していると考えるからだ。時間をかけて飲んでも雑味を感じず良い余韻が続くコーヒーを作るためには、健康に完熟した実だけをきれいに摘まなければならない。そして、それは消費国の人が想像するよりもはるかに難しい。気が遠くなるほど難しい。私は自分でコーヒーを摘むが、農園主が自ら摘む農園はほとんど存在しない。低賃金の季節労働者が収穫の担い手だ。そして、季節労働者を雇って、きれいに収穫することは難しい。最高のコーヒーを作りたいと願う農園主はいても、最高のコーヒーを作りたいと思いながらコーヒーを摘む季節労働者はいない。だから、私好みの良い余韻が残るコーヒーに出会うことは稀だ。たとえ、COE(Cup of Excellence)1位のコーヒーでも感心しないものは多い。

私は農園での風景を想像しながら飲む。「これは収穫の仕方があまいな」とか「乾燥時に発酵しているな」とか、具体的な作業風景が浮かんでくる。そして、良い余韻が長時間残る雑味のないコーヒーに出会うと、この農園のピッカー達もなかなかやるなと彼らの努力に共感する。そんな飲み方をするのは私と妻ぐらいで、当然、世間は違う。ましてやQ GraderたちはSCAAの基準に則って評価する。私とは見方が違うので話がすれ違う。したがって、流通業者に普及したQ Graderの資格を取ることは私には意義のある体験だった。

 

今回の試験の受講者は7人。少人数で雰囲気の良いチームだった。加えて、前の週サンフランシスコで不合格だった人が追試を受けに来た。ハワイ州で試験が行われるのは初めてなので、ハワイでこの資格を持つ者はまだ僅かだ。オーストラリアやニュージーランドからも参加者があった。それらの国では受験までに1年以上のウェイティングリストがあるらしい。今回、ハワイでの開催を機に、休暇を兼ねて飛んできたそうだ。日本での試験は大人数だと聞く。英語に抵抗がなければ、少人数のハワイで受験したほうが断然有利だ。

ど素人の私にとって6日間のコースはとても集中力を要するストレスフルで苦しい体験だった。一度つまづくと、ストレスから雪だるま式に転げ落ちていく感じがした。そんななか、教官のJodi Wieserさんはとても親切で、我々がリラックスできるよう工夫してくれた。チーム内の協力的な雰囲気作りもしてくれた。解答用紙を提出したときに、合格だと明るく”All right!”言いながら解答用紙に大きくPass!と書いてくれる。ところが、不合格だとpuppy eyes(子犬の目)で悲しそうに見つめられる。あの優しい無垢なpuppy eyesが出たらアウトだと皆が恐れた。

 テストの詳細については私のホームページに記したので、本稿ではカッピングの実習試験に関して記す。カッピングは通常は中南米の水洗式マイルド、アジア、アフリカ、非水洗式(ナチュラル)の4セッションが行われる。しかし、今回は生産地ハワイでの開催だったので、授業ではハワイも加え、5セッションが行われた。試験では、受験者の希望も勘案し、中南米を除き、アジア、アフリカ、ナチュラル、ハワイの4セッションが行われた。

 最初の3日間はカッピングの実習を通じ、SCAAのカッピング・プロトコールを理解し、カッピングフォームを正しく記入できるよう学ぶ。各セッションごとにカッピングの後に、教官と生徒たちの間で、それぞれのコーヒーに関しての評価、意見を交換する。これを通じて、自分のスコアーが教官や他の生徒とのブレがなくなるようにする。つまり、SCAAの評価基準に自分の評価基準をすり合わせていくトレーニングである。

 私は実務としてのカッピング経験がないので、カッピング実習試験が最も不安だった。実際に初日の中南米水洗式マイルドの練習セッションで、大いなるショックを受け前途多難と感じた。教官が81.5点をつけたコーヒーに私は75.5と低い点を付けた。いくら何でも差が大きすぎる。私にはそのコーヒーを口に入れた瞬間、かすかだが発酵臭を感じた。

コーヒーの収穫は最長でも3週間以内に畑を一周して戻ってこないと実は過熟する。通常、コーヒーの産地は収穫期には雨が降らない。ところが、コナは収穫時期の乾期にも雨が数日降り続けることがある。収獲中に雨が続くとコーヒーの実は早く過熟するので、3週間のペースよりもペースを上げる必要がある。しかし、どうしても雨だとペースが落ちる。第一、中南米からの出稼ぎ労働者たちは雨の中では摘まない。それが彼らのしきたりだ。ましてやアメリカ人が摘むわけがない(そもそもアメリカ人は収穫作業をしない)。日本のJA全中(全国農業組合中央会)のHPを見ても、雨が降ったら農家の仕事はお休みと書いてある。

しかし、山岸農園では雨でも歯を食いしばって摘む。もし休んでペースが落ちると過熟した実が発酵を始めてワイン醸造所のような臭いがしてくる。それだけは避けたい。最悪の場合カビが生える。カビ臭のするカップは強烈で最悪だ。そうならないように、ずぶ濡れになって体が芯まで冷え切って震えが止まらなくなっても、寒さで指がかじかんでうまく動かなくなっても、コーヒーを摘み続けるのだ。発酵しないよう戦い続けているのだ。だから、コーヒーを飲んだ際に発酵臭が僅かでもすると、私は許せない。それをワイニーなどと呼び、ポジティブに評価することはできない。おそらく、ガタガタ震えながらコーヒーを摘んだ経験のない人は、否定的には感じないかもしれない。むしろフルーティーに感じる人も多いだろう。

そもそも、発酵した過熟豆は水に浮くので、ウェットミルできちんとフローターを取り除けば、ほとんどを除去できる。しかし、山岸農園ではウェットミルが最後の頼みの綱となるのは嫌なので、収穫の段階から過熟豆が混入しないように努力している。ましてや、コーヒーカップの中までそれが届くということは、収穫をすり抜け、ウェットミルもすり抜けてきたということだ。やはり、私には受け入れがたい。生産上の瑕疵を、ワイニーとかフルーティーとかの言葉で飾って物珍しさを逆手にとる米国式マーケティング戦略には加担できない。

私が75.5点を付けたコーヒーも私が雨の中で泣きながら摘んでいる時の臭いがした。(実際には雨の時はあまり臭いを感じない。雨の止んだ後に感じる)。この類のコーヒーは、日本のスペシャリティーコーヒーの店でもよく出てくる曲者だ。COEも取っているフルーティーでワイニーな逸品ですと店主が喜んで出してくるあの曲者だ。

 その日、私は教官に噛み付いた。山岸農園がこんなコーヒーを作ったら、私はコーヒー作りを辞めるとまで主張した。しかし、教官はこれは好ましいコーヒーで発酵臭はしないと主張し、議論は全くかみ合わなかった。初日から私はクラスの問題児となった。

SCAAによると収穫時や収穫後の精製の過程で発酵して酢酸が生成されても、酢酸はごく微量であれば、好ましい酸味を与えるといわれる。私は過度に気にしすぎなのかもしれない。あるいは、私が発酵臭と感じ、教官が好ましいとしている香りは、実際は発酵臭でも何でもない他の物かもしれない。ただ、私はその臭いが少しでもすると雨を思い出して不快になる。

その日は暗澹たる気分でホテルに帰ったが、かえって、これで吹っ切れた。この一週間に限っては、生産者としてのこだわり、良心、美学を捨てる覚悟ができた。そもそも、それが目的でこのコースに参加しているのだ。あのコーヒーをフルーティーでワイニーと呼ぶ覚悟ができた瞬間だった。

 その覚悟ができると、2日目以降は、徐々に教官の評価にすり寄ることができるようになった。自分のカッピングの点数が世間とかけ離れない配点具合を習得できた。

 そうしてみると、スペシャリティーコーヒーの基準となる80点というのは、今まで思っていたハードルとは違った。これまで、あちらこちらのコーヒーショップに行っては「こんなコーヒー出しやがって」と勝手に憤慨していたが、ああいうのもスペシャルティーで、そういう見方もあるんですね。ごめんなさい。

例の発酵臭の感覚はナチュラルのコーヒーにもよくある。よって、ナチュラルのセッションは苦労した。そもそも、山岸コーヒーはとてもシンプルなコーヒーだ。きれいに育てて、きれいに収穫する。悪いことを排除して作る。だから、どちらかというと引き算だ。あくを丁寧に取り続ける日本料理のようなものだ。昆布だしの美学だ。一方、ナチュラルは、あくにあくを重ねていくフランス料理のようなものだ。私にとっては、そういうコーヒーは情報量が多すぎるし、ボラティリティーが高すぎて、脳がとても混乱する。SCAAはそれをComplex(複雑)といって、ポジティブに評価するが、私はどうしても頭が混乱する。

しかし、逆に世間にはこういうコーヒーが好きな人は多い。彼らには山岸コーヒーは刺激がなく退屈なコーヒーと感じるかもしれない。自分で言うのもなんだが、山岸コーヒーはけれん味のないコーヒーだ。そう、けれん味がないのだ。ティピカ種をコナという最高のテロワールで育て、きれいに手摘みし、水洗して、天日(日陰)で干したコーヒーだ。コーヒーとはかくあるべし、コーヒー本来の香味だ。しかし、アメリカ人はけれん味が大好きだ。珍しいもの、ファンキーなものが好まれ高得点を取る。ファンキーな人の集まるコーヒー業界ではなおさらだ。

 

初日からSCAA方式に戸惑ったが、どうにかカッピングの点数をSCAAの基準に近づけることができた。しかし、終わってみると、やはりSCAAの基準に納得がいかない点も残った。

前述のとおり、山岸農園のコーヒーはクリーンさと甘さが信条だ。30分間良い余韻が残るほど雑味の少ないコーヒーだ。それを目標に一年間の苦労がある。クリーンさは、いかに健康に育て、きれいに収穫し精製するかが勝負。特にきれいに摘むことは最も重要。だから、山岸農園では、我々農園主が中心になって摘む。季節労働者に収穫作業を丸投げしたりはしない。クリーンカップは農家とピッカーの通信簿だ。ところが、SCAA基準だと、クリーンカップの項目はカビ臭などコーヒー以外の物に由来する香味があった場合に減点する項目で、大抵のスペシャリティーコーヒーは10点満点となる。

甘味に関しても、丁寧に育ててコーヒーの木のストレスを減らして、実がゆっくりと成熟するような工夫を重ねて、さらに完熟した実だけを丁寧に摘み取ることが秘訣だ。これも農家の一年間の努力の結晶だ。一方、SCAA基準だと濃度0.5%の砂糖水よりも甘ければよい。これもほとんどのスペシャリティーコーヒーが10点満点だ。

よって、農園がコーヒーの生産過程で一番難しい収穫のところで努力して、傑出したクリーンで甘いコーヒーを作ったところで、それが評価される仕組みになっていない。そういうコーヒーに両項目とも15点くらいの点数を付けたいところだが、それはかなわない。現状の評価方法だと、生産者にきれいな収穫をさせる動機が働かないと危惧する。だから、いつまでたっても収穫は季節労働者を信じられないほどの低賃金で雇うプランテーション時代からの収穫軽視の慣行が続く。日当たり、風通し、剪定、施肥など畑の設計や運営上の工夫、あるいは、セミナチュラル、天日干し、日陰干しなど乾燥・精製での工夫を語る農園主は多いが、それらよりも比較にならないくらい重要な工程、つまり、きれいに摘むための工夫を語る農園主は少ない。自分で摘まないから分からないのだ。ただ季節労働者に完熟豆だけを摘めと命令するくらいしか思いつかないのだろう。

最後になるが、SCAA基準に対する最大の不満を申し上げる。その基準たるや何が目的か不明だし不愉快でさえある。つまり、SCAAはカッピングテーブルの高さを42インチから46インチと定めている。今回の試験会場のテーブルはその上限の46インチだった。これだと奥の2列目のカップの臭いを嗅ごうにも、私には届かない。背伸びのし過ぎでふくらはぎが痛い。子供用の踏み台を持ってきてもらったが、すぐに他のアジア系女性の専用となってしまった。

SCAAのこういうアメリカ的な上から目線の態度はぜひ改めてもらいたいものだ。えっ?私の目の位置が低すぎるって?んん~。。。。

 

≫ 続きを読む

2016/10/07   yamagishicoffee

ハワイなのにほとんど虹を見ません。

ハワイといえば虹だが、実は私は虹をほとんど見ない。

コナは島の西側。西に面した斜面だ。夕陽が目の前の海に沈む。

午後に雨が降ると山側に虹が出るが、私は普段山側を見ない。

我が家から見る水平線の景色は最高だ。夕陽が綺麗。

おまけに、コーヒー畑も海側にある。

だから、普段の生活で眺めるのはいつも海側だ。

山側に虹が出ていても、ほとんど気が付かない。

きっと、しょっちゅう出ているのだろうけど、気が付かない。

今日の夕方、我が家の下の隣人が、うちの畑の上に出た虹の写真を送ってくれた。

なるほど、こうなっているのか。

≫ 続きを読む

2016/10/02   yamagishicoffee

コーヒー畑に芝を生やして連邦刑務所入り?

ハワイでホームレス問題が起きている。観光客の目に入る場所からホームレスたちを強制退去させる強引な処置が行われ、その是非が話題になった。本土にはホームレスに航空券を無償で渡し故郷へ返す政策を採る州があり、ハワイを故郷と偽りやって来るホームレスがいる。それも増加の一因だが、もっと大きな問題は住宅価格の高騰だ。

楽園ハワイの住宅を米国本土や日本や中国の人が高値で買う。ホノルルのアラモアナやワード地区など空前の高級コンドミニアムの建設ラッシュ。1億円超の物件が飛ぶように売れる。ハワイ経済を牽引する反面、住宅価格は高騰。売買中間価格を平均所得で割った指標で、ハワイ州は全米で最も住宅の高い州となった。教師、消防士、警察官ら大切な職種の人が住宅を取得できないのは由々しき問題だ。普通の人でも、ちょっとしたきっかけでホームレスになりうる。

一方、ホノルルで銀行強盗が流行っている。ある人が預金引出し申込書に「金を出せ」と記して、窓口の職員を脅して金を取った。ところが、申込書にご丁寧に自分の氏名を記入したために、たちどころに捕まった。また、ある人は窓口で金を脅し取った後、窓口前の椅子に腰かけくつろいでいたところを、駆け付けた警察官に取り押さえられた。

度重なるこの手のニュースを聞くと、彼らの動機を知りたくなるが、どうもわざと捕まるための銀行強盗のように思える。ひょっとすると、これはホームレス問題と無縁でないかもしれない。実は銀行強盗は連邦法上の犯罪。有罪となれば連邦刑務所に入れられる。とても恐ろしい所だ。一方、銀行のお隣のコンビニを襲っても、せいぜい州の刑務所である。ハワイ州は刑務所が不足している。混んでいてなかなか入れない。罪状にもよるが、服役中に一時帰宅もさせる。来週の何曜日の何時までに戻ってこいという指示のもと一時帰宅が許される。帰宅が許されてもホームレスの人は困る。連邦刑務所ならばそういう心配はいらない。

さて、うちのコーヒー農園の新しい方の畑は4年目。いまだ雑草がすごくて芝刈りが大変。背の高い雑草を何とか駆逐して、背の低い芝生を一面に生やしたい。芝刈りが格段に楽になる。芝は暑さ対策、保湿、土壌流出の防止など役に立つ。芝を簡単に繁殖させる方法が欲しいものだ。

先日近所のゴルフ場がエアレーションを行った。芝生に直径1cm弱、深さ5cm程の筒状の穴を沢山あけ、その中身を引き抜く。地中の根に酸素を送り若返りを図る。引き抜かれた土は芝の根が混ざっている。それが山となって積まれ、なんと金を払って業者に引き取ってもらうそうだ。

これは耳寄りな情報。この土を畑に撒けばすぐに芝が生える。無償で私がすべて引き取ると提案した。これは妙案。人がやらない事をやるから成功がある。なぜ世間はこれに気付かないんだろうというアイデアが浮かんだ瞬間だ。ウキウキする。最高に嬉しい。念のため、ゴルフ場よりも標高が高く涼しい私の農園でもその種類の芝が育つかを、もう得意顔で専門家に尋ねた。

すると、お前はアホか!みたいな答え。ゴルフ場は一面が芝生。あれだけ他の雑草が生えないようにするには並大抵のことではない。相当な量の農薬が使われる。一方、農地には厳しい農薬の規制がある。ゴルフ場は農地の何倍もの強烈な農薬を使っている。農地にゴルフ場の芝や土を持ち込むと大量の農薬も持ち込む危険がある。農地の基準を超えると連邦法上の犯罪。つまり連邦刑務所行き。絶対やめろとアドバイスを受けた。実際にパパイア農家がそんな事情を知らずにゴルフ場の芝を持ち込んだら、農薬が強すぎてパパイアが枯れたそうだ。

世間がやらないのにはそれなりの理由があるものだ。危うく例の銀行強盗の人と独房でお隣さんになるところだった。

≫ 続きを読む

2016/10/01   yamagishicoffee

ベン・クレンショーとピノノアールとコナコーヒー

getImage opus.gif

ハワイの気候にはピノノアールやコナコーヒーが合うと私は思う。

先日、ゴルフの1999年ライダーカップをキャプテンだったベン・クレンショー氏が語るディナー会に行った。ジャスティン・レナードが17番で劇的なロングパットを決めてアメリカが大逆転を果たした試合で、ビデオを見ながらのクレンショー氏の解説は興味深いものだった。

ディナーはワインペアリングのコースで、ビール2種類と4種類のワインがでた。

ダックには2012 DuMOL “Connor”Pinot Noir, Sonoma Coast

ステーキには2012 Opus One, Napa Valley

DuMOLはピノノアール、Opus Oneは主にカベルネソーヴィニヨンである。

カリフォルニアの最高級のピノノアールとカベルネソーヴィニヨンを飲み比べたわけだ。値段はOpusの方が高いが、DuMOLが美味い。常夏の島で貿易風が心地よいハワイではピノノアールが美味しく感じる。透明感のある明るい酸味とフルーティーさ、タンニンの渋みは控えめ、その高貴で繊細な味わいはビーチで潮風に当たりながら飲むには最高である。

NYに住んでいた頃はカベルネソーヴィニヨンが好きだった。しっかりした酸味とタンニンのあるどっしりとコクのあるカベルネソーヴィニヨンはNYの寒い冬に格別だったが、ハワイに引っ越してきてからはもっぱらピノノアールである。

生産地としてはピノノアールが冷涼な気候、カベルネソーヴィニヨンが温暖な気候で生育されるのに、飲む場所としての私の好みが逆になるのは不思議なことだ。

コナコーヒーはピノノアールに似ている。明るく酸味が爽やかで甘味が舌の上で持続する。その軽やかな味わいはハワイで青い水平線を眺めながら飲むと幸せを感じる。

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2016/09/22   yamagishicoffee

高いコーヒーの樹の収穫

201609 tall tree2.jpg

世界中の産地では収穫作業が楽なように矮小種のコーヒーを植えるのが一般的だが、コナやブルーマウンテンのティピカ種はそうした品種改良される前の品種である。

特にコナの気候だと放っておくとティピカ種は10m近くにまで伸びる。

だから、コナでは3年に1度は膝の高さにカットバック(剪定)する。

それでも3年で3m以上になる。普通は幹をたわませて収穫するが、たまに発育が良すぎて幹が太くて上手くたわまない樹がある。

そうなるとハシゴを使って採る。地面は岩場の斜面でハシゴが不安定。結構怖い。

 

 

≫ 続きを読む

2016/09/20   yamagishicoffee

電気自動車のテスラを試乗した

先月ホノルルに行った際に電気自動車のテスラのモデルSを試乗した。1時間半も乗り回しオアフ島の反対側のカイルアまで往復した。とても快適。

電気満タンで370キロも走るので狭いハワイでは申し分ない。わずか数秒で時速100キロに到達する加速感がすごいが、のんびりしたハワイではそんなに加速する必要はない。

坂の多いハワイ、特にコナでは楽だ。下りではあまりブレーキを踏む必要がない。前の車はブレーキを踏んでいるのに、こちらはアクセルだ。電気自動車はアクセルを外すと下り坂でも減速する。街中の信号で止まる際もほとんどブレーキを使わなくとも止まれる。前にBMWのi3を試乗した際には、アクセルを外すと急減速する感覚だったが、テスラはハンドルの横のタッチパネルでその減速度合いを調節できる。ブレーキパッドが長持ちしそう。ハンドルの遊び具合もパネルで調節できる。

福島原発事故の後、ハワイの家にソーラーパネルを設置した。日本には住んでいないものの、代替エネルギーで生活することは日本人としての義務と感じたからだ。ところが、パネルを付けすぎてしまい、毎月、必要量の倍近く発電している。無理して電気を使う必要はないが、せっかく余っているから電気自動車もいいかな。

だいぶ前にコーヒーを摘んでいる時に突然、テスラの株を買おうと思いついた。オンライントレードで[Buy]を押したけど、買えなかった。価格が1ドル近くで、3ドル以下のPenny Stock(値段の安い株)は危険なので、危険を承知している旨の誓約書にサインしなければ買えない仕組みになっている。面倒くさいのでそのまま放っておいて買わずじまいだった。結局数年後にコーヒー摘みの最中にまたテスラを思いついた。調べてみると、すでに株価は200ドルを超えていた。泣きながら買った。誓約書なしで。なんかとっても頭にきた。

折角株主だからテスラも良いけど、コーヒーの集荷所へテスラで麻袋に入れたコーヒーチェリーを運んだら、ちょっと変か。やっぱりトラックが便利だな。

≫ 続きを読む

2016/09/09   yamagishicoffee

Clambakeパーティー

201609 clambake2.jpg

昨日はLabor Dayの休日。夏の終わりの3連休。

夕方Clambakeのパーティーに出かけた。

Clambakeとはボストンや私がMBA留学したコネチカットなどのニューイングランド地方の海岸部での郷土料理。魚介類を大鍋で蒸し焼きにする。

今年はボストン出身の友人と出かけた。

旨かった。

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2016/09/07   yamagishicoffee