農園便り

今シーズンの収穫終了

今シーズンの収穫終了。

最後に残った実はすべて摘み取り廃棄する。

同時に木の剪定。

2022 Last round2.JPG

2022 Last round3.JPG

≫ 続きを読む

2022/01/24   yamagishicoffee

SCA アメリカ人の味覚(その1)

SCA (Specialty Coffee Association) はコーヒーのカッピングの基準を策定している。これに対して「SCA基準はコーヒーの好みの偏った人々が作ったから」との批判を伺ったことがある。なんだか奥歯にものが挟まったような言い方だ。本音は「味覚音痴のアメリカ人の言うことなんかに、いちいち付き合ってらんねえ」てな具合だろう。確かに在米30年超の私でもアメリカの食文化には驚く。

私の経験からすると、アメリカ人の味覚の興味深い特徴の一つとして、量が多いことが美味しさの条件である。同僚や友人が「あのレストランは美味しい(The food is good!)」と薦める店は、たいていは量が多い。

私がマンハッタンに住んでいた頃、近所のパンケーキ屋はいつも長蛇の列。厚手のパンケーキが6枚重ね。フレンチトーストなどは食パン一斤がまるごと皿の上に乗って出て来た。それを平らげながら知人が言うには、フランス料理や和食のように小さなものをチマチマ出されると食べた気がせず、皿から溢れんばかりにドッカンと乗った食べ物と格闘するのが美味しいらしい。私が思うに、アメリカ人がビッグマックをこよなく愛するのは、口に入らないぐらい大きいからだ。

コーヒーも、アメリカ生まれのラテアートは見た目で勝負。加えて、表面張力への挑戦。溢れんばかりの状態が「美味しいコーヒー(Good coffee)」を暗示する。

普通のコーヒーもコーヒーショップでは大きなマグカップ。しかもカップの淵までなみなみと注ぐ。おまけのサービスというよりも、店員さんは、「最後にコーヒーを美味しくするためのひと工夫」と真摯に誠意を示しているものと推測される。こぼれないようにそっとマグカップを手渡す際にニコッと見せる自慢気な笑顔にそれを見て取れる。

渡米したばかりの頃は、そんな真心も気づかずに、「おーとっとっと、溢れて指でも火傷しちまったら、いってぇ、どうしてくれるんでぇ。」と腹を立てた。今では、大人げなかったと反省している。溢れるのはコーヒーではなく誠意。量が多いことが美味しさの条件という立場にたてば、そのことに理解が及ぶ。

マクドナルドのドライブスルーでコーヒーをこぼして火傷をしたと、マクドナルドを訴えた女性の話は、アメリカの訴訟社会の例として頻繁に引用される。しかし、あれは、コーヒーを美味しくするためにカップの淵まで溢れんばかりに入れると、こぼれ易いという物語でもある。行き過ぎた誠意は誤解を生むという教訓でもある。

まあ、味覚は人・国それぞれだから良いんだけど、ビッグマック好きがビッグマックインデックスなるものにまで高じると忌々しい。これは世界各国でのビッグマックの値段を比較して、その国の物価水準を推定する経済指標。いくらアメリカ人が世界一美味しい食べ物と誇ろうとも、日本人はあんな巨大で食べにくい物には食指は伸びないから、値段は米国より安い。ただでさえ、デフレで苦労しているのに、ビッグマックインデックスだと、日本の物価は、より下振れして見える。迷惑この上ない。

そんなアメリカ人だが、スペシャリティーコーヒーがアメリカ生まれと軽んじてはいけない。SCAのカッピング基準は問題も多いが、画期的な意味がある。それは、焙煎や抽出の差を排除することによって、生豆の価値を評価しようとするもの。そこには丁寧に生産されたコーヒーに高い点数を与えようとする思想がある。農園で働く人々を評価する。それがスペシャリティーコーヒーの真価だ。決して、カップやロゴがスタイリッシュだとか、目の前で淹れるパフォーマンスがカッコイイという事ではない。(来月号に続く)

≫ 続きを読む

2022/01/03   yamagishicoffee

開花

例年より1カ月も早くコーヒーの木が開花。これから5月までバラバラと咲く。

ラニーニャだから、ハワイは冬の12月以降は雨が多いと予報されていた。

今年はハワイ島の中でもコナの標高400m以上のコーヒーベルト地帯は、年初からうんざりするほど雨が降った。ところが、9月末にキラウェア火山の噴火が再開した翌日から、スイッチを切ったように雨が降らなくなった。コナは10月・11月と乾燥。コーヒーの木も乾ききっていた。

灌漑施設全開。前回の噴火が2018年9月に止まって以来、雨が多くて、2年以上まともに使っていなかったので、あちこち水漏れはするは、コンピューターは壊れていて手動で開閉するはで、てんてこ舞い。11月末には余りの乾燥に、てんてこ舞うどころか、庭で、ダンボッポッポー、ダンボッポッポーと雨乞いの踊りもした。

そしたら、12月に入るや、大雨続き。コーヒーの木も元気を取り戻して開花した。

雨乞いの踊りの成果と威張ると、妻は「単にラニーニャの予報通りでしょ」だとさ。

 

≫ 続きを読む

2021/12/16   yamagishicoffee

Carbon Farming その2

生まれも育ちも東京。仕事はNY。リタイア後、初めての農業。スローライフに憧れて、コーヒー栽培を始めた。自宅の畑で働く早寝早起きの生活は健康的。農村暮らしは不便だが、コロナ禍になってみると、都会の便利な現代社会に依存しないぶん、社会活動が止まっても、あまり影響がない。単純な生活は危機に強い。

先月号では、コナの火山灰土壌は他の種類の土壌より何倍も大気中の二酸化炭素を土壌に固定するので、コナコーヒーこそカーボンファーミングの名にふさわしいと、大いに威張らせてもらった。だが、申し訳ないことに現代農業はかなり二酸化炭素を排出する。

コーヒー畑を買った時、除草剤できれいに処理されて、溶岩だらけで雑草が一本もなかった。最初はそういうものかと思い、雑草が生えるたびに手で抜いた。「除草剤か芝刈り機を使わないと無理だよ」と地元の長老に笑われたが、「これが一番エコ。スローライフさ」と受け流した。しかし、なるほど、すごい勢いで雑草が生えて来た。四つん這で一日に二坪しか進まない。八千坪の敷地では四千日かかる。だめだ。スローすぎる。

そこで、鎌を買った。すごい。一日で何十坪も刈れる。歴史教科書にある鉄器の発明とはこのことか。頭の中で映画「2001年宇宙の旅」の曲(R.ストラウス「ツァラトゥストラはかく語りき」)が「パーパーパー パパ― ドンドンドンドン」と鳴り響いた。

しかし、現代人の私は、それでも間に合わない。やがて、ガソリン工具に手を出した。Weed Wacker(ガソリンで動く芝刈り用の手工具)。もっとすごい。数週間で畑を一周できる。しかし、腕がパンパン。手が震える。そこで遂に百万円超の業務用芝刈り機を買った。すごすぎ。座って鼻歌交じりで運転して一日で終了。ガソリンを使いまくりだが、草刈り鎌の何万倍も効率的だ。私のやることなすことを笑い飛ばしていた長老も”That’s smart”と、やっと褒めてくれた。しかも、腐植たっぷりのよい土壌ができた。

最初は、コーヒーの木の剪定もノコギリで数週間かけて切った。今ではガソリン式チェーンソーでちょちょいのちょい。剪定した枝葉は、マシェテ(中南米のなた)で二ヵ月かけて細かくしたが、今は業者が来て粉砕機で二~三時間。もうガソリン大好き♡。

摘んだコーヒーは百ポンドの袋に詰めて肩に乗せて坂を登る。足腰の鍛錬に良い。なんとゴルフのドライバーの飛距離も伸びた。最初は喜んで担いだが、つらい。そうだ、ロバを飼おう。コーヒーといえばロバだ。コロンビアコーヒーのロゴにもなっている。畑の雑草を食べて餌いらず。コーヒーも運んでくれる。一石二鳥。スローライフのシンボルだ。

しかし、妻の猛烈な反対にあい、結局トラックを買った。なるほど内燃機関は偉大。アクセルを数センチ踏むだけで20袋も運べる。10km先の精製所までの坂道も楽々。歴史教科書にある内燃機関による産業革命とはこのことか。おまけに、トラックならばゴルフ場へも行ける。ロバにゴルフクラブを縛り付けて出かける羽目にならずに済んだ。

便利な工具なしにコーヒーを作った百年前の日系一世の苦労を追体験してみたが、やはり機械を導入したら畑の管理が行き届き、コーヒーが美味しくなった。ガソリンは使うが、美味しいコーヒーのためなら仕方がない。今後は工具の電化に努めるにしても、畑を出た後の精製、輸送、販売を含めると、コーヒーのカーボンニュートラルへの道は遠い。

お詫びといってはなんだが、我家には冷暖房はない。コロナ後は町への外出は控えめ。庭で採れた野菜・果物を食べ、肉食を減らした。浄水器を買いペットボトル飲料もやめた。屋根に太陽光パネルを設置し、電気は自給。加えて、グリーン経済応援の趣旨でテスラ社の株を買った。すると、あら不思議、何十倍にもなった。先日、その値上がり益で電気自動車をオーダーした。早く届かないかなあ。へへへ。

≫ 続きを読む

2021/12/03   yamagishicoffee

コーヒーさび病

202111 CLR1 (3).JPG

あ゛あ゛あ゛~~~~~~~~~~!

さ さ さび病がきたあ゛~~~~!

ハワイでさび病が発見されて以来、畑をロックダウンしたのに~~~。

他人のコーヒー畑には決して入らず、うちの畑には誰も入れず、隔離してたのに。

犯人は鳥か?虫か?はたまた風か?

無駄とは知りながら、さび病にやれらた枝は切り取り破棄。

≫ 続きを読む

2021/11/14   yamagishicoffee

Carbon Farming

自粛解禁。先月、1年8カ月ぶりにハワイを離れ、カリフォルニアへ行った。ナパでワイン畑を訪問し、カーボン・ファーミングを見学した。堆肥を積極的に使い、かつ不耕起にして、炭素を土壌に戻す農法。耕すと地中に埋めた炭素が地表に露出して二酸化炭素として蒸発してしまう。この農法は、炭素を土壌中に貯めて温暖化対策になるという触れ込み。実際に、付近の土は少し茶色がかっているが、ワイン畑の中はフカフカで黒い(腐植が多い証拠)。土を大切にしている印象を受けた。

植物は光合成で空気中の二酸化炭素を取り込んで根や枝や葉などの組織を作る。その死骸(堆肥)がある程度分解した段階で土壌に残ったのが腐植。つまり、炭素の塊。ただし、3億年前の石炭紀には木材を分解する菌類がいなかったので、森林の樹木が石炭となり地中へ炭素を大量に固定したが、現代の農地や森林では細菌類が有機物を分解して、地表の炭素の99%は大気中へ蒸発し、土壌中に残るのは1%以下。しかし、1%とて馬鹿にはできない。地球全体の土壌中には大気の3倍もの炭素が腐植として存在しているそうだ。

さて、うちの畑はコーヒーの木が列に並んで植えてある。最初の数年は各列の両端の木の生育は悪かった。端の木は隣に木がないので太陽光を多く浴びる。コーヒーの木は直射日光が苦手。葉が黄色くなり収穫量も少なかった。困った問題だった。ところが、ここ数年は端の木の生育が非常に良い。むしろ、各列の端の数本は、畑の中央部分よりも収穫が多い。不思議なこともあるものだ。

2つ理由が考えられる。まず第一に、数年前にキラウェア火山の噴火が止まって以来、コナは雨が多い。日光が柔らかくなったことが原因ではなかろうか。(ただし、先月、再び噴火が始まり雨量が減った。)

第二に、土壌中の炭素量。うちの畑は2年ごとに木を膝の高さでカットバック(剪定)する。切った枝葉を畑の端の通路脇に積み上げ、粉砕機で細かく粉砕し畑に撒くが、そんなに遠くまでは飛ばせないので、どうしても列の端の方に集中する。それら枝葉は1年で昆虫や細菌類に分解されてなくなるが、1%ぐらいは腐植として土壌中に残る。よって、列の端の方の土壌は腐植が多いと推測される。

土壌中に腐植が多いと、土は団粒構造をなし、コロコロ、ネバネバ、柔らかくなる。水はけが良いうえに、保水力が高まる。また、栄養分を蓄える力も増す。つまり、腐植が多い土は肥えている。これが、列の端の木の生育が良好な理由ではなかろうか。

コナは日本と同じで火山灰土壌(黒ぼく土)。火山灰土壌はアロフェン粘土が腐植を強く吸着するため、他の土壌の何倍、何十倍も腐植が多い。だが、同時に、アロフェン粘土は植物に必須のリン酸も強く結合するので、植物の根がリン酸を吸収できない。火山灰土壌が不良土とされる所以だ。しかし、腐植が多ければ植物の根はある程度は腐植からリン酸を吸収できる。だから、腐植が多いほど土は肥える。炭素は宝。

この畑は溶岩だらけだったが、ひとたび雑草(芝)が覆うと、ほんの10年で地表は黒く粘り気のある火山灰土壌で覆われた。常夏のコナは雑草が元気。ナパの10倍は生える。通常、高温多湿の熱帯では、有機物はすぐに分解・蒸発し、土壌は枯れるが、コナは火山灰土壌の粘土が有機物を蒸発する前に腐植の形でガッチリつかみ取る。土壌は地質学的な年代を経て形成されるが、ここの火山灰土壌は驚くべき速さで成長し、炭素を固定した。

コナコーヒー畑は腐植が豊富。コナコーヒーこそがカーボン・ファーミングを名乗るのにふさわしいかもしれない。しかし、話はそう単純ではない(来月号に続く)。

≫ 続きを読む

2021/11/01   yamagishicoffee

雑誌「珈琲と文化」10月号の原稿(柳家小三治師匠の落語)

柳家小三治師匠がお亡くなりになった。雑誌「珈琲と文化」10月号に下記原稿を書いたばかりなのに。合掌。

 

コーヒー栽培を始めて落語を聴くようになった。農作業をしながら落語を聴く。コーヒー摘みは8月から1月まで続く。長丁場の単純作業は精神的に辛いが、落語を聴きながらだと楽に摘める。テレビで落語を見ると、一席30分程度が限界で、二席、三席と続くと、いつの間にか、うわのそらになる。ところが、コーヒーを摘みながらだと、10時間ぶっ通しで聴いても飽きないから不思議だ。

落語のCDは五百個以上集めた。それでも数に限りがあるので、同じものを何十回も聴く。すると、だんだん自分の好みが分かってくる。落語家の個性も分かるし、同じ演目を別の落語家が演じたときの差も楽しめる。

やはり、世間で名人と言われた人は上手い。志ん生や圓生はさすが。志ん朝のCDはほとんどすべて持っている。彼の存命中に寄席へ行かなかったことが後悔される。新入社員時代は池袋の社宅住まいで、池袋演芸場の前をよく通った。いつか入ろうと思ったが、時はバブル。忙しくて、ついぞ行きそびれた。今なら残業・休日出勤よりも迷わず寄席を選ぶ。若かったとはいえ、あの頃の自分の愚かさに呆れる。

存命中で昭和の古典落語の名人と言えば、柳家小三治。現在、落語家で唯一の人間国宝。まくらで独自の高みにいるけど(まくらとは落語に入る前の短い世間話、小三治師匠はまくらが長い。そして面白い)。彼のCDは全部持っている。まくらを集めたCDや本もある。「卵かけご飯」や「駐車場物語」は、日本へ往復して時差ボケで眠れない時など、これを聴くと自然と眠れる。もう何百回も聴いたので、台詞も抑揚も間も分かっているから安心。子守唄替わりだ。海外旅行には欠かせない。

ここ数年はお出にならないが、以前は正月の二の席(10~19日)の池袋演芸場(昼)と新宿末広亭(夜)は小三治師匠がトリを務めた。1月はコーヒー摘みの終盤で、時間に余裕ができる。その間隙をぬって、毎年日本へ飛び寄席通いをした。

ある時、池袋の楽屋へ私のコーヒーを差し入れした。手紙も付けた。「コーヒーの収穫は単調で退屈な作業です。しかし、いつも小三治師匠の落語を聞きながら収穫するので、とても楽しい作業となります。収穫時期は毎日、夜明けから日暮れまで師匠の落語を聞きながら摘むので、もう、まるで師匠と一緒に摘んでいる感覚です。(中略)師匠の落語がしみこんだコーヒーは世界中で私どものコーヒーだけです。」我ながら良く書けた。

その日、高座に上がった師匠の落語はさすがだったが、風邪ぎみで、少しお気の毒だった。翌日も行った。なにせ、毎日通っているのだ。するとまくらで、風邪の話をした。「風邪の時は白湯が体が温まって一番。紅茶もいい。だが、コーヒーは体を冷やす。風邪の時はコーヒーよりも白湯」とまくらを締め、落語に入って行った。

その瞬間、ピンときた。これは私へのメッセージだ。前日、直接手渡した訳ではない。師匠は私の顔を知らない。その日も私が来ているのもご存じない。でも、これは「コーヒーは受け取ったが、風邪気味なので、まだ飲んでいない」という高座からの私だけへの秘密のメッセージだ。勝手な解釈で勝手に舞い上がった。

ハワイに帰ってからも、なんだか嬉しい。しかし、コーヒーは体を冷やすというのが気になった。興味深かったので、インターネットで検索した。なるほどコーヒーは体を冷やすと書いてある。なんでも漢方理論では南方原産の植物は体を冷やす効果がある。暑い南方では、人類は長い歴史の中で、体を冷やす食物を選別して栽培してきた。コーヒーも熱帯・亜熱帯地方で栽培される。したがって、体を冷やす効果があるというのが、ネットの記述に共通した説明だ。どうやら、日本のネット界の常識らしい。

 一方、英語で検索すると、世界中の科学者が書いた研究論文が出てくる。概ね共通しているのは、コーヒーに含まれるカフェインは体の代謝を活性化するので、体を温めるというもの。なんと、ネットの世界は日本語と英語では結論が逆だ。

漢方と近代科学のどちらを信じるかは、この農夫には判断の付かない深淵な問題だが、本件に関しては、NYでポートフォリオマネージメントをしていた私には、近代科学的知見に納得感がある。

しかし、私のボスのボスなどは、ハドソン川を見下ろすオフィスで川下に向かって机を置いていた。不自然なレイアウトなので尋ねると、Feng Shui(風水)だという。川上から流れてくるお金がズボンのポケットに入るように川下を向いて座るそうだ。川上を向くと、ポケットからお金が流れ出るからダメ、株主にも申し訳ないと得意げだった。

とはいえ、私の職務は資産運用。顧客から預かった資金を運用する者には受託者忠実義務(Fiduciary Duty)が課せられる。常識的に説明ができる合理的判断に基づいて投資する義務がある。もし顧客資金を陰陽論や風水に基づいて運用したら、受託者忠実義務違反に問われるだろう。私も若い頃は、満月の晩はNY為替市場は荒れるとの珍説を立て吹聴して、日経新聞が取り上げたりしたが、あれは洒落だ。実際にそれで投資判断をしたことはない(机にはサイコロ、壁にはダーツを置いていたけど)。コーヒーに関しても、やはり科学的知見を支持したい。

では、なぜ、南方原産のコーヒーは体を冷やすの漢方理論が、日本語ネットの常識なのかを考え、一つの仮説に至った。鍵はクリーンカップ。本来コーヒーは、正しい品種を正しく育て、正しく収穫し、正しく乾燥・精選すれば、雑味がなく、クリーンでとても飲みやすい。ところが、質の悪いコーヒーだと、どうしたって、眉間に皺を寄せ、すすりながら、ちびちびと飲むことになる。これでは体は温まらない。日本では人々のそのような「あまり体が温まらないなあ」という実体験が重なって、コーヒーは体を冷やすとの漢方理論が受け入れられたというのが私の仮説である。   

クリーンなコーヒーはマグカップに入れて、ごくごくと飲める。たとえ、カフェインの代謝効果を抜きにしても、温かいコーヒーをマグカップで飲めば、湯飲みで白湯を飲むのと同じだけの熱量を体内に取り込むので、それだけ体は温まる。

さて、ここまで筆を進めておきながら、少し困ったことになった。実は、うちのコーヒーは冷めてからが美味しいのだ。冷めるとコーヒーの甘みや酸味がより鮮明に感じる。粗悪なコーヒーではこうはいかない。私も自分のコーヒーをマグカップで時間をかけて、冷めてからの甘みを楽しんでいる。そうなると、カフェイン効果はあるにせよ、コーヒーはそれほど体を温めないかもしれない。東洋医学に恐れ入った。

さて、その翌月も日本へ行く用事があった。そこで、再度、差し入れようと企んだ。ついては手紙を書いた。「前月の高座からの私だけへの秘密のメッセージは感動しました」から始まり、上述の仮説を書いた。

手紙を妻に見せると、「すると、あなたは、人間国宝に向かって、日頃から、ろくなコーヒーを飲んでいないと意見したいわけね」ときた。なるほど、危うく失礼な手紙を出すところだった。

この話を何度か酒の席で友人にしたら、誰もが「それは面白いから出せ、出せ。相手は落語家だ。洒落は分かる。洒落だよ洒落」とけしかける。バカはおだてられると何でもする。思い切ってコーヒーに無礼千万な手紙を添えて差し入れた。

返事も、秘密のメッセージもなかった。。。

その年は用が多く、春も日本へ行った。性懲りもなく、また楽屋に差し入れした。すると、その日の演目は「出来心」、つまり泥棒の話で、まくらで小三治師匠は「最近は売名行為が多い」という話をされた。

ひえ~!今日の秘密のメッセージは、売名行為ですか~。まいりました。降参です。確かに、小三治師匠といえば、蜂蜜や塩やカステラなど、色々なものにこだわるおかた。彼の商品に対する論評は落語ファンへの影響力が大きい。取り入りたがる業者もあろう。

そんなつもりはなかったんです。ただのファンです。ごめんなさい。もうしません。

≫ 続きを読む

2021/10/10   yamagishicoffee

収獲 2ラウンド目

202110pick2.JPG

先月初にシーズン最初のクリーンアップの収穫をして、今週は今年最初の本格的な収穫。とは言っても、今年は3200本中、実験区の200本だけだから簡単。

でも、10月に入っての収穫開始は、今までで一番遅い記録。

今年もうんざりするほど雨が降ったが、5月以来止まっていた、キラウェア火山の噴火が9月29日に再開した途端に、ピタッと雨が止んだ。まだ、1週間だから断言できないが、やっぱり、噴火と雨は関係がありそう。

Vogで海の景色が霞む。モヤモヤ~。

≫ 続きを読む

2021/10/08   yamagishicoffee

コーヒー先物 200セント

コーヒー先物価格が長い低迷を脱して上昇してきた。今年の日本コーヒー文化学会の総会で、1ポンド150セント以上が中米のコーヒー農家にとって持続可能(サステイナブル)な水準という話を伺った。現在の200セントの水準は生産者には朗報だ。

そこで、200セントという価格を私が年間に摘むことのできる収穫量に当てはめてみた。当てずっぽうの計算だが、桁違いに間違っていることはないと思う。

我々夫婦は二人で年間30,000ポンドのチェリーを収穫するのが体力的に限界。生豆にすると5,000ポンド。肥料や農機具を含め、私が近代技術と財力と体力を総動員しての数字なので、中米の農家が家族総出でも、これを超えることはないだろう。

単価200セントだと、農家の受け取りは150セント。生豆5,000ポンドで$7,500。しかし、これは収穫後に自前で精製し生豆を生産した場合。現実には農家は収穫したチェリーを農協や大農園へ売却する。チェリーで売ると、生豆に比べて売り上げは6割に減ると仮定すると、売り上げは$4,500。諸経費を引けば収入は$4,000以下。これは私と同じくらい効率的に収穫しての仮定なので、現実にはこの半分ぐらいだろう。

とある調査によると(averagesalarysurvey.com)、ホンジュラスの平均給与は年間約$26,000で、典型的な給与は年間約$4,000(ちなみにグアテマラは$6,000)。国内で給与格差が大きい。そして、上記農家のコーヒー収入はホンジュラスの平均給与はおろか、労働者階級の典型的な給与にも及ばない。収穫期以外は自給自足用の食糧の生産をしたり、コーヒー以外の収入源がないとやっていけない。

次に、ピッカーを20人雇う中規模農家を想定してみる。耕作面積10ha程度(北海道を除く日本の一戸当たり耕地面積は1ha)。一人あたり収穫量は我々同様2,500ポンドとする。つまり、一日200ポンドのチェリーを70日間(3ヵ月)摘むと、合計約14, 000ポンドのチェリー、それが生豆2, 500ポンドに相当する。仮に、ピッカーの日給が10ドルとすると、3か月間に70日間働いて、$700の収入を得る。ちなみに、1日200ポンドのチェリーを摘むのは重労働。あんなに辛い作業なのに、$700とはお気の毒。ハワイならその量に$14,000を払ってもピッカー集めに難儀する。

一方、市場価格200セントで、農園主が150セントを受け取り、20人の労働者を雇うと、(2,500lbs x $1.50 - $700)x20 = $61,000の粗利。草刈りや、農薬、肥料、精製、輸送、販売にかかる経費率を5割と仮定すると、$30,500が農園主の収入。さらに、日陰樹木の管理、苗生産、土壌改良、農機具の維持更新など、農園の生産性を維持するための投資額を引くと、やはり、ホンジュラスの平均給与かそれ以下。

確かに、現在の相場水準200セントなら、零細農園もピッカーも中規模農園も生活できる水準かもしれないが、それでも国内の他の職種より見劣りする。しかも、日本以外の世界は、すごい勢いで経済成長をしている。世銀統計によると、USドル換算のGDPは、1995年から2019年の25年間に、日本は-6.7%の減少に対して、世界は185%成長した。中米ではグアテマラ423%、ホンジュラス369%、エルサルバドル203%、コスタリカ437%、パナマ598%、そしてコロンビア250%の経済成長。どれも世界平均を上回る。

経済成長に伴い、今やコーヒー農家の最大の悩みはピッカーの確保。今後も経済発展で都市の魅力は年々増す。山間部の貧困地帯でコーヒーを摘むよりも、町へ出て働く農民・ピッカーは益々増えるだろう。こうやって計算してみると、200セントでも、彼らが将来もコーヒーを摘んでくれるか(持続可能)は疑問が残る。

「木綿のハンカチーフ」を聴きながら、コナコーヒー畑にて。

≫ 続きを読む

2021/10/01   yamagishicoffee

コナコーヒーの収穫開始

202109 picking.jpg

202109 pulping.jpg

今シーズンのコーヒー収穫開始。

Holualoaあたりでは、既に3回収穫をしたらしいが、うちは、第1ラウンド。ほとんどの木を剪定したので、今年は200本だけ。楽。

最初のラウンドなので少量で熟度にバラツキはあるが、まずまず。

チェリーを摘んで、皮をむいてパーチメントにし、水に漬けて果肉を取り除いたら乾燥。

 

 

≫ 続きを読む

2021/09/04   yamagishicoffee