農園便り

CBB 日本人的対応

201901 CBB2.jpg

アメリカで運送業で成功した日本人に、成功の秘訣を尋ねた。日本から輸入された自動車のタイヤは、西海岸から陸揚げ後、目的地へ運ぶ途中で積み替えが必要な箇所があって、誰も効率的な積み替え方法を思いつかなかった。彼は人間がタイヤを手で転がして運ぶのが一番効率的なことに気が付き、それで成功したそうだ。こういう人力に頼る解決策はアメリカ人には発想しにくい。

コロナ対応での日本の保健所の役割も人手がかかる。保健所は感染者が出たら、入院を手配するうえに、一人一人濃厚接触者を追跡しそれを潰している。気の遠くなるような手作業で、人手の足りない中での、ご苦労には頭が下がる。日本が欧米各国よりも感染率が低かった理由は諸説あるが、保健所の頑張りもその一つだろう。

その反面、それが厚労省のコロナ対策の要なので、追跡できないほど感染が拡大すると、厚労省にとっては、それイコール、医療体制崩壊の危機、緊急事態ということになる。日本が欧米よりも桁違いに感染者が少ないのに、緊急事態宣言に陥る理由の一つに思える。逆に、保健所のもぐら叩きのような職人芸はアメリカ人には無理だし、職員の頑張りや残業に頼る政策を欧米は採らない。都市封鎖とかワクチンで対応という発想になる。

先月号で記した通り、コナでCBBというコーヒーの害虫が流行しているなか、当農園は被害を抑制してきたが、他の農園で、私のやり方に追随した農園はない。

CBBはコーヒーの実に50~100個の卵を産み、それが5週間で成虫する。実効再生産数は10以上。しかも、たとえ自分の畑をきれいに管理しても、隣の畑からドンドン飛んで来る。とても厄介な害虫である。

色々試行錯誤しながら編み出した私の方法は、要は、毎月、コーヒーの木の全ての枝の全ての実を目で見て、虫食いの実を取り除くというもの。そして、大胆に剪定して、自分が管理できる範囲内に生産量を抑えることにある。

コナも含めて世界の産地で推奨される対処方法は、定期的に虫食いの被害率をサンプル調査して、被害率が目標値を超えたら農薬を散布すること。コナでは海外で使われる農薬が認可されないので、昆虫類に取りつくカビの胞子(生物農薬)を散布する。その手法は研究者により科学的に効果が検証され、マニュアルに従えば誰でも簡単にできる。しかし、畑のCBBの8割は実の中にいるので、農薬散布では、外をウロウロする2割は退治できても、実の中にいる8割には効かない。年間の被害率を5%に抑えるのがやっと。

 一方、私の手法はサンプル調査どころか、すべての実を確認するので、確実に8割を退治する。その上、カビも散布する。確かに、瞬時に虫食いの実を判別するのはかなりの職人芸だし、それを身に着けるには忍耐力と集中力が必要だ。だが、習得すれば、これに勝る方法はない。年間被害率を1%に抑えられる。しかも、感染爆発前に抑え込むと決意し一つ一つ潰せば、実は世間が思うほどには、作業は大変ではない。

残念ながら、私が他の農園主に熱弁をふるっても、こいつ馬鹿じゃないのという様な顔をされる。とても非科学的なアプローチに感じるらしい。自らそんな「馬鹿げた作業」をしようとは思わないし、それを労働者にやらせるのは、非人道的とすら感じるのかもしれない。だから私のきわめて日本人的な解決方法が、コナで採用されることはなかろう。もし、それができれば、収穫もきれいに摘む職人芸が身に付き、二重に効果があるのになあ。

先般、私の手法をまとめた文書を全農家に配布した。いよいよ、今年のコナコーヒーの収穫シーズンも始まった。どうなることやら。

≫ 続きを読む

2021/08/01   yamagishicoffee

ゴーヤは敵 クローバーはお友達

202107 Goya.jpg

盟友のFさん。去年のコーヒーの収穫を手伝ってくれた。彼は観光ガイドなので仕事がない。コーヒー畑には勝手にゴーヤが生えている。野生種なので実は小さい。Fさんは、そんな小さなゴーヤを取って帰る。そうやって食いつないできた。

彼の命を支えたゴーヤではあるが、私にはゴーヤは敵。食べるのは好きだけど。つる性でコーヒーの木に絡みつく。

このところ、つる性の雑草を根こそぎ抜き取る作業をやっている。朝顔もゴーヤも敵だ。

露出した地面にはクローバーの種を撒く。クローバはマメ科で土壌に窒素を還元する。お友達だ。クローバーがツンツン芽を出すと可愛らしい。

ところが油断すると地面から敵のゴーヤが芽を出す。憎々しい。大きくなる前に抜く。毎日なん十本も抜く。きりがない。

 

≫ 続きを読む

2021/07/15   yamagishicoffee

コナコーヒーの等級について

コナコーヒーの等級には、Extra Fancy、Fancy、 No.1、 Primeとある。その下のHawaii No.3、Off Grade、Rubbishは、コナの名を冠することが許されない。日本への輸出は輸入業者もプロだから、ちゃんとしているが、残念ながら、ハワイで小売りされるお土産用のコナ・コーヒーにはNo.3を使用する農園がある。

Extra Fancyはサイズ19(19/64インチ)。Fancyはサイズ18、No.1は16・17。サイズ分け後、比重テーブルで軽い豆を振るい落として、それら上位3等級を作る。構造上、小さい方が欠陥豆の混入率が増えるので、Extra Fancyが最も欠陥率が低い。サイズによる味の優劣はないものの、Extra Fancyが最高級品とされる所以だ。また、ふるい落とされた中でも質が良いものがPrimeの等級を得る。

さて、2010年にコナに害虫CBB (Coffee Berry Borer) が上陸して以来、虫食い豆の混入が増え、ほとんどの農園が上位3等級を作れなくなった。

コーヒーハンターの川島良彰氏が監修したマンガ「僕はコーヒーが飲めない」にコナの悪徳農園主が登場する。普通のマンガは悪役を実際の人物には似せずに描くものだが、このマンガはイイ者は全然似ていないのに、ワル者がそっくりな点が笑える。以前、その悪徳農園主のモデルの人物に彼の秘訣を教わった。彼曰く、たとえ州の検査官がPrimeの認証印を押しても、その裏にExtra Fancyと判を押すそうだ。認証詐称は違法と問うと、「正式な認証名はKona Extra Fancyなので、ただのExtra Fancyならば違反でない」と言い張る。「でも、検査官の目の前だと誤解を受けるから、帰った後にやるんだ」と、こっそりアドバイスしてくれた。その後、彼は破綻して、農園は人手に渡った。

これまでも記したように、私は畑で一生懸命にCBB対策をして品質を維持した。約700軒のコーヒー農家の中で、この10年間継続して、まともに上位3等級を作れたのは、うちの農園だけだった。周りは我々をCrazy扱いで、誰も我々のやり方についてこなかった。確かに、CBBは厄介。コナは生産国で唯一の先進国。農薬の規制が厳しい。他の産地で使われる農薬が使えないため、コナは苦戦している。

しかし、アメリカ人だって馬鹿じゃない。国家の健康意識が高いがために割を喰ってはたまらない。合法かつ画期的な解決策を考え付いた。つまり、Extra Fancyを取れるようにルールを変えた。認証の基準を緩和して、州の検査によらず自己申告制とした。これで上位等級をひねり出せるようになった。

次はもう少し巧妙。大手農園らはPrimeの値段を上げ、価格を上位3等級に近づけた。かつ、Primeを主力商品とするよう誘導した。比重テーブルや色選別機で、無理して上位3等級を作ると、それ以下の等級に欠陥豆がしわ寄せされ、Primeの下のNo.3の割合が増える。No.3はコナを称せない。だから、上位3等級は諦めて、良質豆をPrimeに混ぜ込むことで、No.3の欠陥豆もPrimeに取り込む戦略だ。無理して上位等級を作らずとも、Primeの相対価格を上げたために、その方が畑全体の収入が増える。

コナは驚嘆すべき知恵と工夫でこの10年間をしのいだが、一時的な基準緩和の期限が切れて、昨シーズンから以前の厳しい認証基準に戻った。コナからExtra FancyとFancyとNo.1は再び消えた。多くの農家は上位3等級を諦め、Prime狙いだ。

さて、当農園の上位3等級の割合は8~9割。コナでダントツに高い。今般、当農園の秘訣を文書にまとめた。それをハワイ大学の研究所がコナコーヒー農家へ配布した。(https://www.hawaiicoffeeed.com/uploads/2/6/7/7/26772370/2_yr_cycle_block_pruning_20210319.pdf

他の農園が参考にしてくれると幸いである。

≫ 続きを読む

2021/07/01   yamagishicoffee

収穫開始まであとひと月半

red.JPG

Flower.JPG

コーヒーの収穫開始まであとひと月半。

畑は、赤い実や、黄色くなりかけた実や、まだ小さい実や、花がごちゃ混ぜ。ミツバチも。

 

≫ 続きを読む

2021/06/30   yamagishicoffee

隔年剪定方式について(論文)

ハワイ島コナのコーヒー農園ではCBBという害虫の被害がひどい。この10年間、毎年継続して、Extra FancyやFancy、NO.1などの高い等級の良質の生豆を安定的に、まとまった量で生産できたのは、おそらく当農園だけだと自負している。

昨シーズンの収穫をもって、コーヒー生産を休むことにしたので、コナコーヒー業界に感謝の意をこめて、私どもの栽培方法とCBB対策方法を文書にした。

今般、ハワイ大学の研究所のコナ支所が、ハワイ州農家へ向けEmailで私の文書を公開した。以下のリンクのとおり。

 

https://www.hawaiicoffeeed.com/uploads/2/6/7/7/26772370/2_yr_cycle_block_pruning_20210319.pdf

 

他の農園がこれを参考にしていただけると幸いだ。ただし、私の農園(標高550~600m)の気候で有効だった方法なので、コナでも標高が700mを超える農園だと難しいかもしれない。

 

私のつたない英語で申し訳ありません。日本語訳はありません。

≫ 続きを読む

2021/06/24   yamagishicoffee

雑草、蔓、サーコスポラ菌

202106 Cercospora.jpg

コーヒー畑の一区画が、えらいことになってしまった。

2年連続で膝の高さに剪定して、当分は収穫する予定のないので、放っておいたら、芝が膝の高さを超えてボウボウ。芝刈り機で刈った。さらにコーヒーの木はつる性の植物に巻きつかれている。その蔓を丁寧に取り除き、根元から抜く作業が4日間。余分な芽を取り除く作業が1週間。長雨のうえ、風通しが悪かったので、コーヒーの葉っぱはサーコスポラ菌にやられている。やられた葉っぱを取り除く作業が2日。今日は銅の抗菌剤をスプレーし、肥料も与えた。相当木は弱っているので、来週は肥料の葉面散布の予定。

今年は何もしないで、コーヒーの木を自由放任にしようと思っていたエリアだが、たちまち蔓や菌類がはびこって、木がかわいそう。やっぱり世話をしてやることになった。

≫ 続きを読む

2021/06/16   yamagishicoffee

収穫開始まであと2ヵ月

202106 CBB Hole.jpg

202106 scale.jpg

お隣のコーヒー畑は色づいて来たけど、うちの畑はまだまだ。収穫開始まで、あと2カ月ぐらい。

それまでは定期的に、早く赤くなってしまった実や、カイガラムシにやられた実や、CBB(害虫)の虫食いの実などを取り除く。

≫ 続きを読む

2021/06/15   yamagishicoffee

コーヒー文化学会 オンラインイベント

6月6日の日本コーヒー文化学会のオンラインイベントでお話をさせていただく機会を得ました。Youtubeでご覧になれます。私の出番は1:04:10ごろです。

滑舌が悪くて申し訳ございません。

https://www.youtube.com/watch?v=3d9tJg6OFD8

 

≫ 続きを読む

2021/06/09   yamagishicoffee

コーヒーの酸

Q Grader(コーヒー鑑定士)の資格試験では、クエン酸、リンゴ酸、酢酸、リン酸の官能理解度を問われる。それら4種類の酸の練習キット(写真)で練習する。しかし、コーヒーの成分は複雑で未知の部分が多いらしい。ましてや化学音痴の私にはチンプンカンプン。ただ、素人ながら、大雑把にいって、以下のような感じかなと思ってコーヒーを栽培している。

コナコーヒーは春に開花。水を吸収して約3か月でフルサイズに実の組織を成長させる。その後、養分を蓄積して成熟する。実の色は緑色から黄色、オレンジ、赤を経てワインレッドに変わる。ワインレッドに成熟した果肉は甘く、コーヒーにきれいな酸味がでる。

成熟の過程で、クエン酸やリンゴ酸を生成するほか、土からリン酸(植物体内で生成しない)を取り込む。クエン酸は柑橘系のするどい酸味で、リンゴ酸は甘い酸味。リン酸は他の酸の酸味に明るさを加える。

収穫が遅れ、この機を逃すと、チェリーは樹上で茶色から黒くなる。収穫期に乾燥しているブラジルではこれをナチュラルと肯定的に呼ぶが、コナのように収穫期に雨が降ると、果肉に酢酸ができて、果肉はすっぱくなり、渋くなり、苦くなる。腐るしカビるし、良いことがない。

収穫後の乾燥段階に、より管理された環境下で発酵させる製法(ナチュラル、セミナチュラル、酵母発酵など)もある。発酵で果肉に酢酸等が発生する過程で豆に風味を与える。

世間では、乾燥段階で生じる風味を農園の経営努力と持ち上げる。しかし、そんな努力は、充分にクエン酸とリンゴ酸が生成されるようにコーヒーを健康に育て、丁寧に収穫する努力に比べたら大したことはない。

生豆中のクエン酸とリンゴ酸は、焙煎が進むと分解して消滅する。酢酸は焙煎前半で増加した後に減少する。浅煎りでは酸味を強く感じ、深く煎るにつれ、酸味は減じる。一方、焙煎が進むとクロロゲン酸が分解して苦味の原因のキナ酸などができる。また、乳酸が増え、コーヒーにミルクっぽいコクを与える。浅煎りコーヒーではクエン酸やリンゴ酸を官能し、深煎りコーヒーではキナ酸の苦味や乳酸のこくを官能する。

ただし、カッピングで用いる浅煎りでも苦味がでるコーヒーはダメ。キナ酸が生成される前なのに苦いのは、クエン酸やリンゴ酸が充分に生成されていない不健康な豆だから。よってSCAはカッピング中の苦味を減点要因とする。

ところで、クロロゲン酸はロの字が重なって滑稽で可愛く聞こえるが、chlorogenic acidはLとRが並んで、私には発音難解な不愉快な単語。おまけに、クロロゲン酸が分解してキナ酸などが発生すると苦くなるので、アメリカでは、クロロゲン酸は、ちょっと困った物質という扱い。人気がない。ロバスタ種はクロロゲン酸の含有量が多いから低級品という具合。

一方、日本では、クロロゲン酸は健康に良いと、コーヒーの宣伝に使われる。電車の中刷りにその単語を見たときは思わずのけぞった。99%の乗客はクロロゲン酸なんて単語は知らない。でも、そういう専門用語のキャッチコピーで健康に良いと攻められると、そのメカニズムは全く理解できないのに、妙に納得してしまうから不思議だ。

私なんかコロナのワクチンを接種し、すっかり安心。なんてったって、mRNAワクチンだぜ。仕組み、ぜーんぜん分かんないけどさ。    

≫ 続きを読む

2021/06/01   yamagishicoffee

ワクチン接種終了 株高

 ワクチン接種が済んだので外出自粛を解き、普段は観光客で賑わう通りAli’i Driveへ1年ぶりに行った。約半分の店が廃業している。痛ましい。だが、観光客が戻ってきたので町の景気は上向くだろう。寿司屋へ行ったら、1時間待ち。観光客に加え、地元の人々が繰り出している。話題のpent-up demand(これまで我慢していた人の消費)か。ワクチン普及で米国の新規感染者数は低下し、1日に5万人程度、日本の10倍位までに減ってきた。まずはひと安心。緊急事態を脱し、経済が再開し始めた。

 米国株式市場は高値更新。日本ではバブル崩壊懸念が報じられるが、どうだろう。確かに、各国の財政出動と中央銀行の資金供給で、世界的な金余りが株や不動産価格を押し上げて不健全。筋が悪い。しかし、過去のバブルは政府が引き締め策を採っても、止まらないほど過熱した後に破裂したのに対し、今回は政府と中央銀行が積極的に緩和して、むしろ煽っている段階。その上、実体経済が活発化している。

 今にして思えば、米国の株式市場は昨年の春の段階から、今の状況、つまり、急スピードでワクチン開発が成功して経済活動が再開するのを既に知っていたのだろう。改めて株価の秀抜さに恐れ入る。株価ほど、経済を先読みするものはない。個々のファンドマネージャーは己の愚かしさに日々悶絶を繰り返すが、多くの人々の思惑が市場で揉みあう間に、一人の人間では消化不可能な量の情報がS&P500インデックスの一つの価格に織り込まれる。だから株価は人知を超えた存在で、市場を出し抜くのはプロでも難しい。

 私は、昨年2月に保有株をほとんど売却した。その直後に株価は大暴落。自分を天才だと思った。おまけに、暴落中、「長期投資だから売り買いするのは嫌だ」という妻をアホ呼ばわりして、今からでも遅くはないと、彼女の保有株まで売った。なにせ、私は天才だ。

 ところが、株価は急速にV字回復。「上がってきたよ、買い戻さないの?」と怪しむ妻を、「相場とは必ず二番底を付けに行くもの」とプロっぽく煙に巻いた。しかし、昨秋にワクチンが承認されるや、ほぼ一直線に上昇。妻は怒ったのなんの。おまけに私には前科がある。昔、妻から頼まれ、アマゾン何とかいう会社の株を買った。なんでブラジルの会社なんぞに興味があるのか首を傾げたが、あっという間に株価が倍になったから勝手に売ってしまった過去がある。あのまま持っていれば今頃ハワイで豪邸が買える。

 市場を離れて15年。プロっぽい表現で煙に巻く術は健在でも、まともな投資判断などできるわけがない。昨年の春夏の農閑期に、コロナの悲観的なニュースばかり流すCNNや日本語放送を見過ぎたのもまずかった。こんなに早くワクチンが普及し効果がでるとは思ってもいなかった。収穫最盛期の晩秋、ニュースの雑音を遮断し、静かにコーヒーを摘みながら心を整理すると、自分の間違いを認めることができ、買いに転じる決心がついた。結局、2月に売った値段よりも高い値段で、泣きながら買う羽目になった。

 さて、Stock pickingは難しいが、Coffee pickingも難しい。ピッカーがきれいに摘むことが重要。ある年、やっと良い人材を見つけた。私の目標を理解し摘んでくれた。もう、彼を逃したら替わりはいない。労賃をふんだんに払い、彼のために家まで買ってタダで貸した。すると、彼はそれで貯めたお金でメキシコに畑を買って、さっさと帰国してしまった。えらい損をした。思えば、赤字続きだった。規模を縮小して、労働者を雇わずにこなした最後の数年間こそ、黒字になったが、累積赤字解消には至らない。

 こんな赤字の道楽をやってこれたのは、それなりに投資収益があったから。しかし、急落後のこれほどの大相場を逃し、もはや投資を生業とする能力が全くないことがハッキリした。もう、コーヒーも投資も潮時かな。   

≫ 続きを読む

2021/05/02   yamagishicoffee